Archive for 2月, 2017

2月、定番は「ニゲル」かな 。・。・

一月は「行く」

二月は「逃げる」

三月は「去る」

月日の流れのはやさを言い当てている表現だね~。

たしかに、なるほど、そうよねーと感じるもの。

 

定番じゃつまんニャ~ィ。

そこで「2月」をウェブ検索してみたら

目に留まりました。

小草生月<おぐさおいづき>。。。陰暦2月の異名

春を待って小さな草花があちらこちらから芽を出してくる月という表現。

 

なぁ~んだかいいニャン♪

「おぐさおいづきだものね」なんて会話に挟んでも「・・・」は必至 ! ?

でも、にゃ~んだか気に入ったニャン♪♪ おぐさおいづき

 

小草生月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タネ蒔きやお手入れを欠かさず

地道に時を重ねてきたみなさんには

待ち遠しかった芽吹きのとき。

 

手を抜いたりサボっていたりの憶えがあるみなさん

さあ、はじめましょう !  タネ蒔きを。

遅くない !  気づいて始めることが

きれいな花を咲かせるチャンス !!

 

ねこも負けずにタネ蒔き。タネ蒔き。

 

 お読みくださりありがとうございました  ねこ 

 

入浴剤に笑顔とかけて何と解く?

そのココロは。。。

 

さて、お風呂。

一番風呂は、気持ちの良いものですが

けっこうピリピリした刺激を感じることあるニャン。

なんてったって、混じりっ気なしのさらっさら。

お湯の刺激が肌にダイレクト。。。。。で、ぴりぴり。

 

そこで、登場!入浴剤。

お湯がなんだかまろやかに。

う~~~~~ん。いいねぇ~~~~~。

 

入浴剤と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、笑顔。

満面の笑みは、場の空気を

明るくしたり和やかにしたり

小さいけれど大きな効能があると思うニャン。

 

これ「笑っているときの顔」だけは自信ある!

といえるまろやか笑顔の持ち主になってはいかが?

 

タイトルの謎かけに

あなたのココロは、なんと解く?

 

 お読みくださりありがとうございました ❤ ねこ 

 

 

 

徳を知ると得! その2

徳ある者は必ず言あり

。。徳のある人は必ず世人のためになるような

。。りっぱなことばをはく

 

徳に在りて険に在らず

。。国家の存立にとって最もたいせつなことは

。。君主の徳であって自然の要害ではない

 

徳をたのむ者は栄ゆ

。。徳をたよりにする者は栄える

 

徳を以って怨みに報ゆ

。。怨みがある者に恩恵で報いる

。。うらみをめぐみで返す

 

この辞書(角川新字源)に掲載されていた漢文だけでも

前回と今回とでこんなにあるニャン。

 

あらためて知らんことのニャンと多いことか。

 

徳2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徳を積む。

ねこでもできる徳を積む行為は?

相手の話を親身になって聴く・・・これもそうニャ!

一生懸命取り組む・・・たぶんこれもニャ!

親切をこころがける・・・これもだニャ!

まだ、まだ、まだ、まだ、いっぱいいっぱいあるよね。

 

だから、素直な心で何にでもチャレンジ!

みんなで徳を積んで幸せいっぱいの毎日を過ごそうニャン!

 

「幸せいっぱい」

これが何より人生のお得情報でした。

 

❤ お読みくださりありがとうございました  ねこ 

徳を知ると得? その1

徳は孤ならず必ず隣あり

。。。これは孔子さんの名言だそうです。

意味はね、徳のある人はひとりぼっちになることはない。

その徳に感化されて共鳴する者が必ずでてくる  ということ。

 

すごいよね~!

「たぶん」でも「もしかして」でもなくて『必ず』でてくるって

言いきっちゃうもんね。。。というすごいモノ。

それが、徳。

 

けれど「徳」って何だ?

 

角川新字源で調べてみました。

なりたち≫心と、正しい意と音とを示す直から成る

意味≫≫≫

①すぐれた才能、人格者のりっぱな行い、人間としての価値ある行い

②おしえ、人民を教化する力

③生まれつきの能力

④徳を習得した人、人格者

⑤めぐみ、さいわい

⑥めぐむ、とくとする、ありがたがる

⑦利益

む、むづかしい。

 

徳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに載っていた「徳」の熟語、どれもこれもすばらしい!

しかし、いただけないやつがひとつばかり。

徳色(とくしょく) 人に恩をほどこしてやったとほこる顔つき

 

徳の軽きこと毛のごとし・・・道徳を行うことは軽い毛をあげるように

いともたやすいということ

徳之符・・・身に備わった徳が外に現れたもの

徳は身を潤す・・・内に徳が備わればおのずから外に現れて身をりっぱにするということ

 

これらの「徳」はどういう意味のとくなんだろう。。。

よ~くかみしめて考えてみるニャン。

 

 お読みくださりありがとうございました  ねこ