Archive for 8月, 2019

1,2,3でハッピーに

へこむ出会い 憂鬱なキモチ 泣きたい

そんな日は、どうする?どうする?

 

ブルーからの脱し方 どうすりゃいい?

どう乗り越える?

 

情緒不安定が顕著な今日この頃。

オトナのその先へ、

カラダの変わり目は

ココロの変わり目でもあるようで…。

 

先週の日曜日 カフェでモーニング

そのときのママさんの言葉と笑顔にジ~~~ン。。

「ブルーでいてもちっとも幸せじゃない

だから1・2・3で切り替えて 前向くんです!」

『 こんなふうに ネッ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

涙が滲んできたニャン

ギュッとハートを掴まれっちゃったみたい

 

ステキなステキな明るい表情

その笑顔は、ステキな心掛けがあればこそ

 

美味しいごはんをありがとうございました

カラダとココロ その両方が

とても幸せになりました

 

みなさんにも良い出会いがありますように

 

♪ お読みくださりありがとうございました ♪ねこ♪

 

 

 

せみくん…ごめん…

 

通勤途中。

うるさいほどのセミの声。

あれっ?

あれれっ?

そういえば聞こえないような…。

 

「循環していること」に

思いを至らせる。

 

使命を終えたセミは

そのカラダを

糧にするものの中へ。

 

命を大切にするってことの意味

せみに学んだ日。

 

言葉じゃなくとも

沢山のこと

感じるニャン。。。しみじみ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まわりを見渡せば

セミからはもちろん、

雑草からだって教わることはある。

なんだって先生なんだと思う。

 

いろいろね、感じ取るにはね、

五感を磨かねば。

そう小さなディスプレイに心を奪われるよりも

実世界で、体験・体感。

 

♪ お読みくださりありがとうございました ♪ねこ♪

 

 

 

 

 

転換点

我が家から

ヒトリムスメが巣立ちました。

 

いろんな場面で

「転換」ポイントが出現。

そういう世代。

 

武者小路実篤さんの金言

『 人生は楽ではない そこが面白い 』

失敗もまた味わいということでしょうか…。

 

ところが、母親に戻るとつい…。

心配が膨らみ過ぎて、

先回りであれこれ余計なアドバイスしてしまう

いかんぞ!だめだめ。

手出し、口出し、干渉不要。

 

私的には、明らかに転換点が!

来てます、来てます、やってきた!

だから、生活スタイルも

仕事への向き合い方も大転換のとき。

そこが変わると

人生の取り組み方もそれまでと違って来る。

ターニングポイントはココだ!

転換しなきゃ!

惰性で過ごした日々とお別れ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有限な時間

どう取り組めばどう変わる?

良い方向に向かうには、週明けからが大事です。

 

♪ およみくださりありがとうございました ♪ねこ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山高きが故に貴からず  出典「実語教」

この一文にはつづきがあって

…~~~~~~~~ 樹有るを以て貴しと為す

人肥ゆるが故貴からず 智有るを以て貴しと為す …

 

意味はね、

外観がよくても内容が伴わなければ立派とはいえないということ

物事は見かけだけで判断してはいけないということ

 

紳士 淑女

立派なるその姿

けどね、肝心なのは中身だよ。

備わってるかニャ? 人徳は…

外と内

どちらも大切。

外はスゴく派手で華やかで煌びやかだけど

内はまだまだ未熟。

知ったかぶりの振る舞いで

エラそにしている・・・!

なーんてのは

いちばんカッコ悪いかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで

「実語教」平安末期にできた教科書のようなものなんだって。

 

昔々から

人としての『貴い』とはどういうことか

思い、考え、論じ、学び、

延々と伝えられて今がある

 

曲げずに、真っ直ぐに

ながい過去から届く『貴い』に込められた

思いを受けとめられているかな?

 

ご先祖様が帰ってこられるこの季節

語らいの時を持ってみますか?

** 貴いを ネタにおしゃべり 心でね **

ご先祖様と 盛り上がろ~~!

 

♪ お読みくださりありがとうございました ♪ねこ♪

 

 

大観す。

達人は大観す

広く道理に通じた人は物事の全体を見極めて正しい判断を下す

という意味だそう。

 

中国南北朝時代の詩文集 文選(もんぜん)出典

と、ことわざ辞典に記してあるニャン。

・・小知は自ら私し彼を賤しみ我を貴ぶ・・

・・達人は大観す 物として可ならざるは無し・・

 

達人 広く道理に通じている人

に対して

小知 はきっと、ちっちぇ~って感じなんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて 物事を知る方法

イロイロあるニャン。

スマホ開くだけで盛り沢山の情報が

次々と入ってくる。

しかも、好みそうな情報だけを

選択して提供を受ける。

 

ここは、危機感を持たんといけん!

偏る!そう偏っちゃうよ~~。

自分に合わせてくれる情報だけに

とっぷり浸かっていると

知らぬ間に

凝り固まった一方通行の見方する

固定概念の人になっちゃうぞ!

異なる意見に傾ける耳を失っちゃうぞ!

 

「自分と違う」にふれる機会は

自分のテリトリー外にあると思うニャン

 

だからね、

『 いつもと違う 』を心がけて

休暇計画たててみるとするか…!

 

♪ お読みくださりありがとうございました ♪ねこ♪