有智無知三十里

ゆうちむちさんじゅうり

 

これはね、辞書によると

知恵のある者と知恵の無い者との差の甚だしいことのたとえ

・・・だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曹操 聞いたことありますか?

 

三国志にも登場する、

女好きのゲスいイメージを持ってんだ、ねこは。

 

ある石碑の裏側に記してあった8文字を目にした曹操さん。

「黄絹幼婦外孫韲臼」

なんのこっちゃ?状態の曹操さんと一緒にいた揚修さん。

この方は、すぐに意味を理解できたそう。

 

答えを教えるな!と口止めしてから

曹操さん、考えながら歩いて歩いて三十里!

 

そこまで考え続けて、ようやく判ったその意味は

揚修さんの理解と全く同じ。

「素晴らしい文章」っていうお褒めの文字羅列。

 

なんでこんなわかり難いコト書いたんだ!

なんてキレたんじゃなくて

 

曹操さん自身と揚修さんのあいだにある

三十里分もの知恵の甚だしい差を

思い知らされたんですねぇ。

 

それでも、誰かをあてにせず、頼らず

考えて考えて、正解に辿り着いたのは、立派だニャあ~。

 

ただ者じゃないね!曹操さん

 

理解に時間がかかる。

自力で無理なことがしばしば。

しかぁ~~し

ダテじゃない人生経験を積んで磨いて

知恵をつけるぞ。

 

曹操さんに、諦めずずっとずっと考え続ける姿勢を

学ばせていただいたねこでした。

 

お読みくださりありがとうございました  ねこ

Leave a Reply