我を非として当う者は吾が師なり

出典 荀子

我(われ)を非(ひ)として当(むか)う者は

吾(わ)が師(し)なり

…自分の欠点やいたらないところを指摘・批判してくれる人こそ

人生における先生である…という意味

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつどのような場面でも

「謙虚」でいるつもり!「謙虚」なはず!。。。が


『 その態度は礼を欠くんじゃないのか 』

耳に痛いこの指摘。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だんだんと周囲に年下が多くなってきたから

なんだか態度がエラそ~に!?

ダメダメ感じ悪いぞ!その態度

配慮が足りない! 礼節が足りない! 

相手を慮る気持ちが足りない!

人間力低下傾向ということです。トホホッ・・。

・・ 腹立てる より身あらためる さび落とし ・・ 

変われ、変わろう、変わるとき

変えましょ躊躇なくこの瞬間から。

ねっ!ねこ! 自身に物申すニャン!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みなさん、耳の痛くなる忠告くれる

身近な存在はいらっしゃいますか?

貴重ですよ!けむたいけれど敬意を表しましょうね!

♪ お読みくださりありがとうございました ♪ さとり猫 ♪


Leave a Reply