チビ、ヤセ、ぎょろ目

こう評されることが、よくあった。。。

やせた身体に目だけ大きいこともあり

たぶん、ものすごくアンバランスな感じだったんでしょう。

写真に写るわが姿に納得、たしかにチビ、ヤセ、ぎょろ目。

小6夏休みに 顔面神経痛

中1春には 神経性脱毛症で10円禿が二つ三つ。

繊細だったのかしら?

その頃のことはあまり憶えていない。

何かしたいことも、したくないこともなかった…

言われるがまま、自分の意思を持っていなかった気が。

ユラユラフワフワ、殻にこもったティーンズのころ。

そんな変わり者のねこを気にかけてくれた同級生ひとり。

イケメンにも、音楽にも興味がなく

共通の話題に乏しい中、なぜかいつも優しく声をかけてくれました。

本当にありがたいコトです。感謝です。

けれど、相変わらず大勢は苦手で仲良しを作ることにも消極的なまま。

そんなねこの態度などまったく意に介さず

彼女は彼女の世界へねこを引っ張り込んでくれました。

思えば、受動一辺倒のねこに能動のきっかけを与えてくれたのが

「彼女との出会い」だったのかもしれない。

狭量の 視野が広がる 縁きずな

♪ お読みくださりありがとうございました ♪ さとり猫 ♪


Leave a Reply