深いようで〇〇〇のは「知識」

〇〇〇に、あなたは何を入れますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

知識とは、深いようで「浅い」もんかもしれん。

 

知ってることはね、

そりゃいろいろ。

 

何十年もの人生経験はダテじゃない。

そりゃありますとも。

 

…でもちょっと待って…

 

知識というよりも

知っているつもりになっているだけってこと

多いんじゃ…ないかニャ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

溢れかえるほど

たくさんたくさんの知識のもと 情報

正しい情報から あやしげな情報

楽しそうな情報から 危なげな情報

 

知っているはずのさまざまなこと

けれど、グラつくこともしばしあり!?

 

さぁて、わが知識。

思ったより底が浅いかもしれません。

 

偏らず、

思い込まず、

バランスとれた情報の取捨選択で

知識レベルが向上しますように。

 

 

 お読みくださりありがとうございました  ねこ 

 

 

 

 

朝令暮改

コロコロ変わって一貫性がない

あんまり良しとされないイメージあるニャン。

 

ふむふむ。

そりゃ、従う身になりゃあ

ど~すりゃいいの?ってことになる。

うん。うん。

そうだ!そうだ!

 

でもねぇ、そうも言ってらんない世の流れ。

感じませんか?

まあ、変わる変わるいろんなことが。

家電の機能も、スマホのアプリも、車の性能も、情報も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きのうの常識は、過去のそれ。

 

ただね、すごい速度で変わっていくから

思考する隙さえも持ててないような…。

流れに身を任せたままにならないように。

 

頭で考えましょう、心で考えましょう。

 

「変える」べきと「変えん」べき

見極めて、すみやかに時代に合わせていきましょうニャン。

 

 お読みくださりありがとうございました  ねこ 

 

最近写したの、どうしてる?

「はい、チーズ」が合言葉。

 

ちょっと緊張、

ファインダー越しに撮ってもらったり、

撮ったりするものだったニャン、写真って。

 

アルバムに入れて、ひと言添えてみたりして…

保管するものだったニャン、写真って。

 

そういうものだと思う、写真って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えっ?そ~かなぁ~

パシャ!パシャ!パシャ!

いつでも、どこでも、だれでも、なんでも

 

パシャ!パシャ!パシャ!

気軽に、手軽に、何度でも、

 

パシャ!パシャ!パシャ!

いいね、共感、支持共有、

 

スマホで撮って、スマホで保存。

スマホで世界の皆さまにお披露目…。

 

2017のあたりまえ。

ついていけんし、よーわからん。

 

お気軽になった分、

かる~くなったカンジ??? 思いも写真も。

 

スマホカメラで撮影は、「写し取る」ことかな。

だから、ペン無し・紙無しメモ代わりのパシャなんて、アリ、アリ!

メモ=紙・筆記具 が沁みこんだわが身。

スマホは持ってる。けど浮かばないのよぉ、パシャすること。

 

昭和な価値観で見ると

カメラで撮影は、「残す」ことかしら。

アルバム広げて思い出話に花がさく!

写真といえば、これでしょ!って感じ。ニャン!

 

古い価値と考え方だけが

正しいワケでもないし、絶対の基準でもない。

 

新しいから

良いばかりでもないし、かといって悪いワケじゃない。

 

ジブンという殻や壁。

いちど取っ払ってみましょうか。

違う感覚、違う価値に出会うことは、きっと楽しいコトだよ。

 

違和感も なれれば何の アタリマエ

*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*

何事も「習うより慣れよ」ムリの壁は自分がつくってるんだ。

 

 

 お読みくださりありがとうございました  ねこ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おばあちゃんの力

Read the rest of this entry »

磊磊落落…四字熟語です。

読みは らいらいらくらく

意味は ココロが非常に大きく朗らかなこと。ちいさなことにこだわらないさま。

 

「磊」漢和辞典によると石が重なり合っているさま

「落」草木の葉や花がかれおちる・落葉 さがる・落下 おちこむ・陥落

おちぶれる・零落など、まあ散々な意味で元気がなくなりそうだニャン。

 

けれどこの落、「磊」とくっついたら

あら不思議 心が大きく小事にこだわらない!ときたもんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くっつくことで、こんなに意味が変わるんだにゃぁ~。

 

なにと出会い、なにと縁を持つのか、

また、なにと繋がってきたのか

人なのか、モノなのか、環境なのか、なんなのか、

全然、ぜーんぜんうかがい知ることはできないけれど

 

『磊』『落』のような出会い、あったかな?なかったかニャ?

くっつくことでプラスに転じる出会いに気付ける自分になれますように。

 

 

「磊」と「落」をくっつけて

それぞれ単体の存在では、

およびもしない意味を生みだした

おかあさん!

熟語誕生秘話を教えてください。

 

 お読みくださりありがとうございました ❤ ねこ 

 

 

 

低いつもりで高いのは?

高いつもりで低いのは「教養」

じゃ、低いつもりで高いのは?

『気位』

国語辞典によると

自分の品位を保とうとする気の持ち方 ということです。

気位。。。プライド。。。自尊心

そんな感じ?

 

控えめなつもりでいるけれど

なにげない日常、

傷つける気も、悪気もなし。

けれど!それ違うんじゃない~なんて

優しいコトバとは裏腹のひややか視線を

だれかに注いでいること ない?

 

えらぶるつもりはないけれど

こんなことも知らないの、できないの、

なんて!ちょいと自分のほうが上、なんて

思ってないかなぁ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わが物差しが『絶対』なんてね…。

 

まわりから立派とか凄いとか認められたくて

がんばって、頑張って

身にまとった気位は、ゆとりがなさそうで窮屈そう。

なんとなぁ~く底が浅いというか深みに欠けそうだねぇ。

 

心がそちらに寄っていきたくなる。近づきたくなる。

そんな気位をまといたい!

 

しずかに、おだやかに、しなやかに、

出過ぎず、教わることに前向きでいることができる。

控えめな「気位」を上手に備えたいにゃぁ~。

うん。あこがれるニャン。

 

 お読みくださりありがとうございました  ねこ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きょうよう

高いつもりで低い『きょうよう』といえば?

 

強要でも、共用でも、供用でもありません。

わかってるよ!そんなのってカンジかな?

 

ココでの正解は、教養。

広い学びから得られる心の豊かさや理解力

そして人間的諸能力が全体的・調和的に

発達している状態…とむずかしげな表現。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これって

成績の良し悪しや学歴の高さと比例しているかっていうと

そうとも言い切れニャイ!よねぇ~!

名誉職についているからとかお金持ちだから

身に備わっているかっていうと

そうとは言い切れんよね!だよねぇ~!

 

豊かな教養の持ち主がどのような姿かたちか

わかんないけれど

きっと、謙虚なその姿勢の中に

そこはかとなく滲み出ているもの。

 

それが教養というものなんじゃなかろうか。

 

「教養が溢れてるんだゼィ」と

自己申告するようではいただけない。

 

日々のこころがけを

正しく、美しく、やさしく

がんばってみましょうニャン。

 

❤ お読みくださりありがとうございました ❤ ねこ

 

 

トゲアリトゲナシトゲトゲ

ご存知ですか?

コンチュウ目ハムシ科の昆虫。

嘘のようだけど、ほんとの名前らしい。

 

火曜日の朝。

なんだかイライラ、イラついて

いっぱいトゲを出してた気がする。

 

木曜日。

しなきゃ!って

勝手にいろいろ気負ってた感じ。

背伸びしたって自分はジブン。

トゲトゲ増してたか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日、金曜日。

いっしょうけんめいが、独りよがりじゃないのって

残念な評価。

どこを削って、なにを足せば良かったのか…。

なんだか悲しくなってきて

トゲアリアリになっている。

 

さあて、いったいだれに何を伝えたかったのか。

つかみきれないわが心のうち。

 

まとまりない文章でごめんなさい。

 

あしたは、トゲをすっかり削いで

にこやかに過ごしましょ。

 お読みくださりありがとうございました   ねこ

名詮自性

みょうせんじしょう と読みます。

仏教語だそうです。

・・・いわゆる名は体を表すという意味だそうで。

 

名前はそのものの本性を言い表すということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

な~んだかこの熟語が気になったのは

かわいそうな名前を

ペットにつけてしまったせいかもしれないにゃ~ん

 

親から贈られた

大切な大切なもののひとつ、名まえ。

 

シアワセな時世を過ごせるように

思いのこもった名まえ。

 

ねこの名には「幸」の文字が入っています。

 

おかげさまで

毎日幸せに、健康に、家族仲良く、仕事楽しく

イキイキと暮らせております。

失敗しての、泣き言も、弱音もアリアリだけど

大きな幸せオーラに包まれて

有難い、有難いことです。

 

名まえが、本性を目覚めさせる役を

果たしているのかもしれないニャン。

 

モノに名前を付ける時も、愛情を込めて。

本性が曲がったりゆがんだりしませんように。

本質がまっすぐに、おおらかに、のびやかでありますように。

そして、名まえに負けることのありませんように。

 

 お読みくださりありがとうございました  ねこ ❤

 

 

 

 

 

 

 

良きことも。悪きことも。

まわりの空気、どんなかな?

 

イイ感じに穏やかで明るい感じ?

ハッピ~ ♪ が溢れてる感じ?

どよーん、なんか冴えない感じ?

 

この空気感。

今のこの雰囲気は、ほかならぬ自分自身が寄せたもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「思い通り」で、納得&満足。

調子にのらず、油断せず、

このまま正しい努力をキープ!ファイトォ~!

 

「こんなはずじゃない」のみなさん

現状を嘆くより

『こんなふうになろう』と目標を立てて前を向こう!

そうしよう!自分が変われば周囲も変わる。

 

きっと、きっとね。

 

良きことが、より多く、やってくるように。

悪きことは、限りなくやってこないように。

たとえ、悪きことがやってきたとしても、狼狽えない自分でいられるように。

 

思い切って行動!

世のため、人のため、より良く生きるため、道が開きますように。

 

 

 お読みくださりありがとうございました   ねこ